スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コンビニおでん」でダイエット効果を高める5つの方法

安くて美味しい、コンビニおでん。

上手に食べて、ダイエットを成功させたいですよね。

そこで今回は、「コンビニおでん」でダイエット効果を高める5つの方法をご紹介します。


1.「唐辛子」で体を温める

おでんにかけるものといえば、黄色いカラシ。

しかし、カラシにはそれほど栄養価が高くなく、体を温める効果もありません。そ

こでオススメなのが、唐辛子。

唐辛子に含まれる「カプサイシン」には消化・発汗作用があり、体を温める効果もあります。

ダイエット効果のある唐辛子は、そばに置いてあると便利ですよ。


2.「昆布」で代謝アップ

昆布は、おでんの中で、あまり好かれない存在。

しかし、栄養価は抜群です。

ミネラルの成分である「ヨウ素」と「ビタミンB群」が代謝をアップしてくれるのです。

「夏に比べて、代謝が悪くなった」という人は、昆布を食べましょう。


3.「卵」で肥満・糖尿病を予防

卵=太る、というイメージがあるかもしれませんが、実は違います。

卵黄に含まれる「レシチン」がコレステロール値を下げ、肥満・糖尿病といった肥満を予防してくれるのです。

おでんの出汁が染みた卵なら、卵嫌いの人でも食べられることでしょう。


4.「ジャガイモ」でむくみ解消

ジャガイモは、「カリウム」の宝庫。

100g中、400mg含まれています。

「カリウム」は体の水分量を調節し、むくみを解消する効果があります。

また、芋類は加熱しても栄養が壊れないので、「ビタミンC」をたっぷり摂ることもできます。


5.「イワシのつみれ」でイライラ予防

「骨が多い」という理由で敬遠されがちな、イワシ。

しかし、おでんのイワシのつみれなた骨をあまり感じさせないうえ、カルシウムをたっぷり摂ることができます。

また、脳を活性化させるDHAも豊富。イワシのつみれで、イライラを予防しましょう。

いかがでしたか?

これらのコンビニおでんを食べて、憧れのスレンダーボディを手に入れましょう。
スポンサーサイト

テーマ:おいしく食べてダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット



最新記事
検索フォーム
カテゴリ
ユーザータグ

ダイエット 忌み 置き換え マイクロダイエット 痩せた ブログ モニター エステ 痩せる 低GI食品 Ω3 ボディメイク 糖質制限ダイエット方法 女性ホルモン 痩せない 痩せました 日記 痩せ 体験談 ウォーキング 体脂肪 痩せたい 生理 食事制限 達磨 釈迦 フェミニスト 女の腐ったの ビューティフルライフ 低糖質パン  糖尿病 ブランパン 名前をつけて保存 上書き保存 仏教 宗教アレルギー ゴキブリ 子供 キリスト教 マホメット教 女の恋 キリスト 福音書  

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
相互リンク
ランキング
リンク
ブックマークとRSSリーダー


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。